「ITパスポート試験」人気急上昇 金融など非IT系が高い関心

 情報処理技術者の国家試験「ITパスポート試験」(iパス)が人気を集めている。デジタル技術を駆使して既存のビジネス形態や制度を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)がさまざまな業界に広がる中、2021年度の応募者数は前年度の約1・7倍に当たる24万4254人で、過去最多となった。特に非IT…

残り 2607文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集