FAQ

リサイクル瓶選別、AIの「目」と「手」で 岩沼の施設が実証実験 人手の負担減期待

 人工知能(AI)やロボットを組み合わせ廃棄物を選別するシステムの実証実験が、宮城県岩沼市下野郷のごみ処理施設「岩沼東部環境センター」で進められている。プラントメーカーの川崎重工業が製作し、亘理名取共立衛生処理組合(岩沼市)と共同実施。省力化が目的で、廃棄物の分別処理にロボットが導入されるのは珍しい…

残り 355文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る