FAQ

猪木さん、被災地に思い 気仙沼・階上「元気もらった」

 1日に死去したアントニオ猪木さんは東日本大震災後、被災した宮城県気仙沼市階上地区を訪れ思いを寄せた。震災直後の状況を説明した地福寺の元住職片山秀光さん(82)は「復興途上だったわれわれに元気を与えてくれた」と悼む。

 2014年7月、市内であった復興支援プロレスイベントの前に関係者と階上地区を訪問。…

残り 346文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る