FAQ

ラ・フランス、3日持ちます 山形県が「鮮度保持液」普及図る 変色や風味落ちを防止

 山形県は特産ラ・フランスをカットフルーツにするための鮮度保持液を考え、作り方を食品業者らに広めている。通常は皮をむいてから1~3時間がたつと変色し風味も落ちるが、技術を使えば3日程度維持できる。関係者は長時間風味を保てるカットフルーツで、消費者の「果実離れ」を食い止めようと期待する。

 鮮度保持液は…

残り 508文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る