FAQ

長井市の循環型農業推進システム「レインボープラン」曲がり角

 家庭の生ごみを堆肥化して農作物の生産に役立て、地元で消費する長井市の循環システム「レインボープラン」が曲がり角を迎えている。1997年の開始当初は先進例として国内外から視察が相次いだが、四半世紀で生ごみの回収量は減り、処理施設も老朽化。将来像を探る動きが続く。(山形総局・小田島悠介)

生ごみの堆肥化…

残り 922文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る