閉じる

釣りの事故、秋に多発 宮城海保がパトロールで注意喚起 救命胴衣非着用目立つ

 釣り中の事故が9~11月の秋に宮城県内で多発傾向にあるとして、宮城海上保安部が注意を呼びかけている。過去5年間の調査によると、釣れる魚の種類が多いという秋が四季のうち最も事故が多い。救命胴衣を着けていなかった人も目立つといい、宮城海保が合同パトロールを展開し事故防止を呼びかけている。

 宮城海保によ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ