閉じる

防潮堤に浜の風景広がる 「海岸線の美術館」開館 石巻・雄勝

お披露目された防潮堤の壁画

 石巻市雄勝町の防潮堤に壁画を描いて展示する野外美術館「海岸線の美術館 SEAWALL MUSEUM OGATSU」が26日、開館した。二つの壁画が披露され、県内外から多くの来場者が集まった。

 壁画は上雄勝地区2カ所で制作され、高さ7.5メートル、幅54.6メートルと高さ7.5メートル、幅6.6メートル。東京都の芸術家安井鷹之介さん(29)が、数年前から雄勝に足を運び、時には滞在もして制作した。漁船に乗せてもらうなど、住民の協力を得て、雄勝の各浜の風景や漁師の後ろ姿を描いた。

 初日は現地でセレモニーがあり、地元の伊達の黒船太鼓保存会の演奏の中、壁画の前につるした大漁旗を降ろす演出で除幕した。安井さんは「各浜の良さをミックスした作品。風を浴びたり、潮の香りを感じたりと、自然も風景の一部として壁画を見てもらいたい」と語った。

 雄勝地区で暮らす佐藤美千代さん(72)は「地元の良さが出ている。人が集まるきっかけになるだろう」と喜び、杉山喜美子さん(61)も「防潮堤の圧迫感や海が見えないといった課題の解消にもなる。継続してにぎわい創出につなげてほしい」と期待した。

 壁画プロジェクトは石巻市の一般社団法人「SEAWALL CLUB(シーウオールクラブ)」が計画した。高さ最大9.7メートル、全長3500メートルの防潮堤の壁面に絵画などを描き、来訪者に自由に鑑賞してもらう。今後、作品数を増やすという。

 館長を務める高橋窓太郎さん(34)=東京都=は「作品を中心に、アート、音楽、食など雄勝でさまざまなことが展開されるようになってほしい」と話した。

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより