閉じる

風力発電受け入れ「地元へのメリットが鍵」 加美町が専門家招き講演会

 大規模風力発電事業が6カ所で計画されている加美町で、再生可能エネルギーに関する町主催の講演会が開かれた。風力導入と地域の受け入れを研究する名古屋大大学院の本巣芽美(もとすめみ)特任准教授(社会環境学)が「事業で地元にメリットを作ることが受け入れの鍵になる」と訴えた。

 15日に中新田公民館であった会…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ