閉じる

大学入学共通テスト初日、東北で2万7766人受験 2日目の15日は理科と数学

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入学共通テストが14日始まり、東北では計44会場で受験生が関門に挑んだ。初日は地理歴史と公民、国語、外国語、ICプレーヤーを使った英語のリスニングを実施。受験者数が最多の外国語は志願者の93・2%に当たる2万7766人が臨んだ。2日目の15日は理科と数学が行われる。

大学入学共通テストの問題と解答

不正対策を強化

 昨年はスマートフォンを使ったカンニングが発覚したほか、東大前では受験生を狙った刺傷事件が発生。試験会場の各大学や周辺では新型コロナウイルス流行の「第8波」の中、例年より厳しい不正防止や防犯の対策が取られた。

 約2400人が受験した東北大川内北キャンパス(仙台市青葉区)では、最寄りの市地下鉄川内駅にも制服姿の警察官数人…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ