閉じる

宮城産乾のり価格高騰 有明海産の不作が影響 初入札会で平均単価4割上昇

 宮城県産乾(ほし)のり「みちのく寒流のり」の価格が今月に入って急騰している。国内最大の養殖ノリ産地の福岡、佐賀両県で有明海産が記録的な不作となっていることを背景に、塩釜市で13日にあった今年の初入札会で平均単価が約4割上昇した。県漁協塩釜総合支所は「経験したことのない相場。有明産の回復は見通せず高…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ