FAQ

宮城県産乾のり、2210万枚ずらり 塩釜で今季初入札

 宮城県産乾(ほし)のり「みちのく寒流のり」の今季の初入札会が22日、塩釜市の県漁協塩釜総合支所の乾のり集出荷所であった。県内9支所から全国の他産地に先駆けて昨年の倍以上となる約2210万枚が並び、仲買業者ら約150人が色、つや、香りを確かめて落札した。

 県漁協によると、最高値は塩釜市の浦戸支所管内…

残り 356文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る