閉じる

村田・竹の内産廃処分場調査見直し 県、定期モニタリング縮小へ

 竹の内産廃処分場(村田町)の生活環境影響調査評価委員会(委員長・西村修東北大大学院工学研究科教授)が27日、県庁であった。県側は定期的な環境モニタリングを縮小する案を示し、おおむね了承された。

 現在は処分場の内外で174項目を計測する。県は基準を長期間満たしている41項目を終了し、44項目の頻度や…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ