閉じる

肉厚牛タンと手話での接客45年 仙台「一隆国分町店」昨年末、のれん下ろす

 仙台市青葉区国分町の牛タン屋「一隆国分町店」が、45年間掲げたのれんを下ろした。肉厚の牛タンだけでなく、店主佐藤英和さん(76)の手話の接客でも知られた店だった。聴覚障害の常連客は「周りに気兼ねなく会話し、安心して飲める場だった」と閉店を惜しんでいる。

常連の聴覚障害者ら感謝「1人でも飲みに行けた」…

残り 876文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ