閉じる

追悼の灯籠、制作開始 石巻・竹あかり 旧大川小児童遺族やボランティアら30人参加

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった宮城県石巻市旧大川小の児童遺族やボランティアら計30人が5日、追悼行事「大川竹あかり」に使う竹灯籠の制作を旧校舎近くで始めた。震災から丸12年となる3月11日、旧校舎で当時の児童数と同じ108本の竹筒に明かりをともす。

 参加者は旧校舎付近の…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ