閉じる

デジタル人材育成「仙台市はゆっくり過ぎる」 市議会予算特別委で苦言

 「前にゆっくり進んではいるが、いささか歩みがゆっくり過ぎる」。仙台市が力を入れるデジタル人材の育成について、貞宗健司議員(市民フォーラム仙台)は27日の市議会の予算等審査特別委員会で苦言を呈した。

 市は新年度、デジタル変革(DX化)推進のために新しい研修制度を導入する。しかしこれまでの研修でDX化…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ