閉じる

河北春秋(3/11):あの日、知人が津波にのまれた。仕事中だっ…

 あの日、知人が津波にのまれた。仕事中だった。遺体が見つかったのは2週間後。斎場のひつぎの前で、その人の妻は気丈に応対しているように見えた。でも、そんなわけはなかった。程なくむせび泣き始め、やがて号泣に変わった。かけるべき言葉が見つからなかった。ただただ立ち尽くし、仲間と涙した。似た経験を持つ人は多…

残り 383文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集