閉じる

「常磐もの」学び、風評払拭 いわき・久之浜で親子イベント

 東京電力福島第1原発事故に伴う風評を払拭しようと、復興庁は18日、福島県沖で取れる良質の水産物「常磐もの」の理解を深めてもらう体験イベントを、いわき市の久之浜地区で開いた。県外から集まった親子が参加し、放射性物質の測定方法や魚のさばき方を学んだ。

 宮城、茨城県などの親子12組が参加。特産のメバルを…

残り 276文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ