閉じる

「暴れみこし」練り歩く 大和・8年ぶり 豊作願い畑や川も

 大和町鶴巣鳥屋(とや)の鳥屋八幡神社で9日、春の例大祭があり、8年ぶりにみこしを巡行した。「暴れみこし」と称され、担ぎ手が転んだり、ぬかるみに足を取られたりしながら、豊作や息災を願い、畑や川なども練り歩いた。

 白装束と烏帽子(えぼし)を身に着けた男性約30人が交代で、ご神体を乗せた重さ約200キロ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ