閉じる

<第6回仙台短編文学賞>震災・東北の物語に新風 選考委員・和合亮一さん講評

 仙台、宮城、東北で新たな文学の地平を切り開く第6回仙台短編文学賞(実行委員会主催)の大賞に、高村峰生さんの「あらゆる透明な」が選ばれた。選考委員は福島市の詩人和合亮一さん。東北内外から218編が寄せられた。12年の歳月を重ねる東日本大震災の記憶と向き合い、豊かな東北の歴史と風土をたどり直す。それぞ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ