閉じる

乳幼児の不慮の事故、虐待疑われるケース多発 行政・警察の積極介入が冤罪の温床に

 乳幼児の児童虐待防止が目的の行政や警察による家庭への介入強化が冤罪(えんざい)を生む温床になっている。特定の症状で虐待を疑い、児童相談所が積極的に保護する手続きに問題が多いためだ。専門家は見直しの必要性を訴える。
(報道部・勅使河原奨治)

最初から犯人扱い

 2022年夏、仙台市若林区の女性(36)は傷…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ