閉じる

サクランボ収穫、自治体職員が副業で支援 山形で「解禁」の動き広がる

 サクランボの収穫期を迎えた山形県で、副業解禁を通じて労働力を確保しようとする動きが目立っている。深刻な担い手不足の解消を目指す主産地の自治体は今年、相次いで職員の副業を認めた。求人や求職の手段としては、1日単位で農業のアルバイト先が見つかるマッチングアプリ「daywork(デイワーク)」の活用が広…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ