閉じる

山形県、いじめ認知7.4%減 2022年度 「未然防止の取り組み浸透」と分析

 山形県は16日、公立学校でのいじめに関する独自調査の結果を公表した。2022年度の認知件数は1万2368件で、現行の形式で調査を始めた13年度以降で最多だった前年度(1万3351件)を7・4%下回った。県は現場での未然防止の取り組みの成果を要因に挙げる。

 県庁で開いた県いじめ問題対策連絡協議会で明…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ