閉じる

災害備え、資機材触れる 宮城県大崎で県内7消防本部が訓練

 大規模災害時に派遣される緊急消防援助隊の活動のうち、後方支援活動に関する県内7消防本部の合同訓練が大崎市の大崎地域広域行政事務組合消防本部であり、隊員70人が宿営場所の設営や資機材の設置といった活動に当たった。

 大崎ブロック(大崎、気仙沼・本吉、栗原市、登米市)4本部と、仙南ブロック(仙南、名取市…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ