閉じる

処理水海洋放出「緊張感持って取り組んで」 福島知事、第1原発を視察

 内堀雅雄福島県知事は4日、東京電力福島第1原発を訪れ、処理水の海洋放出開始後初めて放出関連設備を視察した。今後30年程度続く放出を念頭に「これからが長い闘いになる。緊張感を持って取り組んでほしい」と東電に求めた。

 東電の小早川智明社長、東電福島第1廃炉推進カンパニーの小野明最高責任者らに案内され、…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ