閉じる

宮城県庁で県産水産物の特別販売会、活ホタテなど50種類並ぶ 処理水放出の風評被害対策

 宮城県は26日、県産水産物の特別販売会を県庁1階ロビーで開いた。東京電力福島第1原発の処理水海洋放出に伴う風評被害対策として、水産物の消費拡大を目指す。

 活ホタテや炊き込みご飯の素、グラタンなど約50種類の商品が並んだ。県漁協流通推進課の大山宏樹課長代理は「宮城のホタテは貝柱がぷっくりとしていて甘…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ