閉じる

大雨想定しアプリ使って避難訓練 でも操作できない人、スマホ持たない人もいて…効果と課題検証へ 宮城・角田

 宮城県と角田市は5日、スマートフォンの避難支援アプリを活用した訓練を、阿武隈急行角田駅構内の角田自治センターで実施した。QRコードによる避難者登録などを検証し、スムーズな避難所運営へ課題を確認した。

 県が2024年度中の導入を目指す自然災害時用の避難支援アプリの初の実証訓練。東北電力女川原発(女川…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ