閉じる

仙台・古城強盗致傷事件が時効 左目刺された重い障害、友人や家族の心の傷、癒えぬまま

 2008年11月、仙台市若林区古城2丁目の市道で太白区の元会社員菅原邦彦さん(54)が2人組の男に襲われた強盗致傷事件は18日午前0時、犯人逮捕に至らず公訴時効を迎えた。邦彦さんは犯行による後遺障害に苦しみ、家族や友人が負った深い心の傷も癒やされないまま、15年の月日は無情に過ぎた。(生活文化部・…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ