閉じる

認知症の行方不明者、早期発見にQRシール有効 宮城県警など活用呼びかけ

 県内で認知症やその疑いの行方不明者が毎年約150人前後で推移していることを受け、県警など関係機関は早期の発見、保護に向け、不明者の衣服などに貼るQRコード付きの「見守りシール」の活用を呼びかけている。県内自治体での導入は13市町にとどまり、関係者は「有効な対策法」として推奨する。

 県警によると、行…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ