閉じる

岩手産小麦カビ毒 適期外に農薬、検査不備も 全農いわてが原因公表

 岩手県産小麦から基準値超のカビ毒「デオキシニバレノール」が検出された問題で、JA全農いわては26日、出荷したJAいわて花巻管内の生産者による適期外の農薬散布や、検査体制の不備が原因だったと発表した。

 カビ毒が検出されたのは、いわて花巻管内の藤根ライスセンター(北上市)を経由した2022年産ナンブコ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ