閉じる

原発事故被災地の議会、当選新人は「ホテル経営者」と「移住女性」 福島・富岡町議選

 東京電力福島第1原発事故で全町避難を強いられた福島県富岡町の町議選(定数10)が24日投開票され、立候補した新人が2人とも当選した。古里に戻り、事故を経験した男性と、事故後に移住した東京出身の女性だ。あの日から13年。停滞感が漂う町を変えたいと一念発起し、支持を集めた。任期は31日から4年間。

「たまちゃん」原発被災地で戸惑いの選挙戦 福島・富岡町議選 移住5年目の新人35歳女性に密着 

平山…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ