閉じる

町と避難住民つなぐ復興のシンボル<場所の記憶(4)夜の森の桜並木(福島・富岡)>

 あの日を境に多くの人生が揺れ動いた。失われた命があった。残され、生きる意味を自問する人がいた。自然の営みや差し伸べられた手に希望を見いだす人がいた。震災と東京電力福島第1原発事故に見舞われた場所を巡る人々の記憶に耳を傾ける。

 かつてのにぎわいは消え、人の姿はまばら。木々の勢いが弱り、樹皮がはがれ落…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ