閉じる

福島思い、桜と廃炉見守る<富岡に暮らす・春 福島 記者日誌(3)>

 81歳の小柄な女性が、福島県富岡町に暮らす記者を訪ねてきた。東京電力福島第1原発事故の被災地で、夜の森の桜並木で知られる浜通りの町だ。

 「桜と廃炉を定点観測したい」。1月下旬の本紙投稿欄「声の交差点」に決意をしたため、今月9日、最寄りのJR常磐線夜ノ森駅へ。電車で約2時間。たった1人で。

 仙台市青…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ