閉じる

ベガルタ仙台 「点火」遅く 森山監督「最初からやれよ」

 仙台は前半、シュートを一本も撃てず防戦一方だったのが痛かった。「清水のペースでゲームを運ばれてしまった。相手の前線からのプレスで、思うような形がつくれなかった」と長沢は悔しがる。後半に2点を奪って首位清水を脅かしただけに、何一ついいところのない前半が悔やまれる。

 前半は、個の力で勝る相手に気後れし…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ