FAQ

伝える(4)避難の明暗、展示に苦慮

 広い空間に大小56のモニターがずらりと並ぶ。机にパソコンが置かれ、東日本大震災の災害対応に当たった様子を伝える。

 昨年9月に開館し、約17万人が訪れた陸前高田市の岩手県震災津波伝承館。東北地方整備局の災害対策室を再現した部屋は教訓を学ぶゾーンでひときわ目立つ。

 内陸から沿岸に向かう国道の通行確保に…

残り 1042文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る