構想会議(4)異例の「地元負担ゼロ」

 「甘え過ぎじゃないかと思うかもしれないが…」。2011年6月11日の政府の復興構想会議第9回会合で、宮城県知事の村井嘉浩(60)は念を押すように財源論を切り出した。

 構想会議の議論がヤマ場を迎える中、村井は県内の12市町の復興事業費が2兆1000億円に達するという巨額の独自試算を持参していた。

 人…

残り 2185文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ