閉じる

見えない敵-届かぬ警鐘(中)経営最優先、対策先送り

 「うわあ、本当か。そんなのって来るの」

 東京電力が福島第1原発の津波対策を検討していた2008年3月。後に同原発所長となる原子力設備管理部長の吉田昌郎(故人)は、原発を将来襲うかもしれない「15.7メートル」という最大津波高の試算値を報告され、驚きの声を上げた。

 国の地震予測「長期評価」(02年公…

残り 1037文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより