FAQ

集団感染の県議会自民会派、コロナ防止策を有識者に学ぶ

 酒席で新型コロナウイルスの集団感染が発生した県議会の最大会派「自民党・県民会議」は15日、東北医科薬科大の藤村茂教授(臨床感染症学)を招き、感染対策を学ぶ勉強会を開いた。

 県議会棟の会派控室であった勉強会には32人中27人が参加。藤村氏が約1時間半にわたり、感染しやすい状況や予防策について講義した…

残り 358文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る