クラスター発生相次ぐ 宿泊施設や飲食店

 宮城県内は13、14日、大崎市の宿泊施設や仙台市の高齢者施設、接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター発生や拡大が相次いだ。仙台市の累計感染者は994人に増え、1000人を突破する勢いとなっている。

 大崎市では13日、市内の宿泊施設に滞在した60代男女4人の感染が判明。同施設の感染者は計6…

残り 467文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集