塩釜市、成人式の開催可否を来月4日に判断

 宮城県塩釜市は、来年1月10日に市体育館で予定する成人式の開催可否などを、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、4日に最終的に判断する。

 式は中学校の学区を基に参加者を半分に分けて10日午後に実施予定。第1部は塩釜三、玉川、浦戸の各中学区の新成人、第2部は塩釜一、二中学区の新成人と市内の企業で働く外国人技能実習生が対象となる。2回で計約520人の出席を見込む。

 県外在住など式への参加を自粛する新成人向けに、佐藤光樹市長、伊藤博章市議会議長らの祝辞を、動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで10~17日に配信する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る