気仙沼市魚市場で恒例の初売り マスク姿で豊漁願う

 気仙沼市魚市場で4日、新春恒例の初売りがあった。関係者約100人が、新型コロナウイルス対策のマスク姿で式典に臨み、手締めや鏡開きで豊漁や安全航海を祈った。

 市場の昨年の水揚げ量は前年比8・8%増の7万886トン、金額は12・0%増で東北一となる172億5682万円を記録した。ビンチョウマグロが好調…

残り 245文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ