FAQ

荒浜っ子(6完)末永新さん 故郷で花火、集う契機に

 50発の花火が、仙台市若林区荒浜地区の夏の夜空を照らした。昨年8月22日夜。近くの貞山堀であった灯籠流しに参加した元住民たちから歓声が湧いた。

 「新型コロナウイルス感染症があり、直前まで打ち上げていいか迷った。やってよかった」

 寄付を募って花火を打ち上げた長野県上田市の会社員末永新さん(25)が、…

残り 928文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る