FAQ

荒浜っ子(3)遠藤ひなさん、龍斗さん 失い気付く地域の結束

 「荒浜の暮らしはかけがえのないものだった。失って初めて気付いた」

 仙台市宮城野区の東北福祉大3年遠藤ひなさん(21)と東北文化学園大2年龍斗さん(19)のきょうだいが、卒業アルバムを見ながら古里への思いを語った。

 東日本大震災当時は若林区荒浜小の5年生と4年生。津波にのまれた自宅は基礎しか残らなか…

残り 940文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る