FAQ

荒浜っ子(2)阿部翔也さん 命のとりでの校舎に感謝

 家屋の残骸、へこんだ車が積み上がる。たんすや机などの家財道具も含まれたがれきを、重機が手際良く片付けていく。

 仙台市若林区荒浜の阿部翔也さん(22)は、中学時代、津波で壊滅的な被害を受けた荒浜を訪れるたび、がれきの撤去作業を見守った。

 現場の看板にあった青と緑のロゴが印象的だった。作業を指揮してい…

残り 958文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る