入試1次試験をオンラインに 秀光中が変更

 学校法人仙台育英学園(仙台市)は、秀光中(宮城野区)で11日に行う入試「秀光トライアル」の1次試験となる筆記試験をオンラインに変更すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大による首都圏1都3県を対象にした緊急事態宣言を踏まえた。

 受験生は、国語、算数、社会、理科の4教科の問題を自宅のパソコンやタブレットで解答する。

 当初、同校と東京会場、オンラインで実施する予定だった。出願した555人の約9割が東京会場のため、全てオンラインに切り替えた。2次試験(2月6~12日)の面接も、予定通りオンラインで実施する。

 秀光中は本年度内に県からの認可を受け、秀光中等教育学校を引き継ぐ形で4月に開校する予定。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る