<せんだい進行形>ビジネスにカジュアル浸透中

ビジネスカジュアルデーが始まり、ジャケットなどの服装で仕事をする七十七銀行の行員=15日、仙台市青葉区の七十七銀本店
カジュアルな服装で働き方改革の打ち合わせをする東北電力の社員ら=15日、仙台市青葉区の東北電本店

 働き方の多様化は、仙台圏で働く人の服装にも及んでいる。七十七銀行は15日、ジャケットやシャツなどで勤務する「ビジネスカジュアルデー」を始めた。本部は3月末までの週2回の試行を経て4月に本格導入し、営業店にも順次拡大。女性の制服も原則廃止する。銀行の堅いイメージを払拭(ふっしょく)するとともに、行員が働きやすく自主性を尊重できる環境を整える。

七十七銀、4月導入 「お堅い」印象払拭

 同行は昨年11月に「通年ノーネクタイ」を導入したが、男性はスーツに限定したほか、女性は営業で外部を訪問する行員にスーツを認めた以外は制服だった。
 女性の制服はパートなど一部を除き3月末で廃止。本部は4月にビジネスカジュアルを採り入れる。営業店は5月からビジネスカジュアルデーを試行した後、本格導入を計画する。
 試行初日の15日、仙台市青葉区の本店では、グレーのジャケットや淡い色のスカート姿といった服装が見られた。「普段とあまり違和感がない。職場も明るくなった感じがする」と女性行員にも好感触だ。
 鈴木恭子ダイバーシティ推進室長は「制服は企業文化醸成や顧客への安心感という側面もあったが、TPOにより服装を選ぶことで、柔軟性を持った職場づくりにつなげたい」と話す。
 荘内銀行(鶴岡市)と北都銀行(秋田市)を傘下に持つフィデアホールディングス(仙台市)も、昨年8月からビジネスカジュアルを試行し、今月正式運用を始めた。営業店を含めてビジネスカジュアルや制服などを選択できる。

東北電、2月導入 多様な働き方推進

 東北電力と100%子会社の東北電力ネットワーク(仙台市)は2月、ビジネスカジュアルを本格導入する。社員一人一人が多様な働き方やTPOに合わせて服装を選べる環境を整え、生産性向上につなげる。
 ビジネスカジュアルに関する写真付きの着用例やNGルールを周知し、各職場で着こなしの在り方や許容度を確認する。昨年4月以降、東北電本店や営業所、支店などの一部職場で試行してきた。2月以降は全事業所に広げて実践する。
 両社の社員は計約1万2000人。分社化前の2019年10月には、働き方改革の一環として「通年ノーネクタイ」を採り入れた。社内の業務や会議では原則、ネクタイを外すが、式典や来客対応、行政機関への訪問などTPOに応じて着用の有無を判断している。
 ノーネクタイは元々、クールビズ期間(5~9月)や一部の現場作業者に限り実施していた。社員から「ノーネクタイの期間は快適で業務に集中しやすい」「肩肘張らずに仕事ができる」といった声が寄せられ、通年化した経緯がある。
 東北電の担当者は「若手社員らの声にできる限り応えようと決断した。働き方改革を推進し、会社変革の機運を高めたい。次代を担う学生にも、自分で柔軟に判断できる職場であることを理解してほしい」と期待する。

青山商事 大切なのは清潔感

 働き方の多様化は、仙台圏で働く人の服装にも及んでいる。七十七銀行は15日、ジャケットやシャツなどで勤務する「ビジネスカジュアルデー」を始めた。本部は3月末までの週2回の試行を経て4月に本格導入し、営業店にも順次拡大。女性の制服も原則廃止する。銀行の堅いイメージを払拭(ふっしょく)するとともに、行員が働きやすく自主性を尊重できる環境を整える。

河北新報のメルマガ登録はこちら
せんだい経済圏-ing

 ヒト・モノ・コト・カネがダイナミックに動く100万都市仙台。仙台経済圏のトレンドや旬の話題を進行形で掘り下げます

先頭に戻る