FAQ

唐桑の恵み、ぷりっぷり 気仙沼で児童がカキむき体験

 宮城県気仙沼市唐桑小(児童95人)の6年生10人が17日、同市唐桑町の宿舞根(しゅくもうね)漁港でカキむき作業を体験し、古里の海の豊かさを肌で感じた。

 地元の養殖業者で学校支援員の畠山政也さん(36)の船に乗り、同校専用のいかだでカキの水揚げを見学した。

 カキは9月に約70度の湯が入った船上の釜に…

残り 427文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る