FAQ

「かき一夜干し」販売本格化 復興を背負う柱に

 食品加工業の五光食品(宮城県塩釜市)は、東日本大震災での被災後に開発した新商品「かき一夜干し」の販売を本格化させる。独自の乾燥製法により、カキのうま味はそのままに冷蔵で1年間保存可能となった。海外への輸出も視野に入れ、会社の復興を背負う主力商品に育てる計画だ。

 かき一夜干しは宮城県沿岸で水揚げされ…

残り 659文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る