女川で復興のジャンプ 町海岸広場に屋外スケートパーク完成

 宮城県女川町が女川漁港の沿岸に整備した町海岸広場にスケートボードを楽しめる屋外スケートパークが完成し、昨年12月末に利用が始まった。町内外の愛好者が集う交流の場となっている。
 パークの広さは約680平方メートル。無料で利用でき、年齢や時間の制限はない。滑らかに滑れるようにコンクリートの表面を研磨し、「アール」と呼ばれる曲面を備える。階段やスロープといったセクション(構造物)もある。
 自転車競技の一種のバイシクルモトクロス(BMX)とローラースケートでも利用できる。
 海岸広場がある沿岸部は東日本大震災の津波被害に遭い、災害危険区域になった。広場の整備に際して町民からスケートボード施設を求める意見が上がり、町が愛好者の声を取り入れて事業化した。
 スケートボードとBMXは東京五輪の新種目に採用され、競技人口の増加が見込まれている。町の担当者は「将来のオリンピック選手が誕生するきっかけになれば幸い。節度を守って自由に楽しめる空間にしてほしい」と呼び掛けている。
 海岸広場には震災遺構の「女川交番」や町民駐車場、野外イベントスペースがあり、町が昨年12月末に整備を終えた。総事業費は約7億5400万円。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る