閉じる

コロナ下の中高生にほっと息抜く場を 仙台の社団法人が長町に「居場所」開設

 新型コロナウイルスの感染拡大でストレスを抱える子どもたちに息抜きの場を提供しようと、一般社団法人マザー・ウイング(仙台市)は昨年11月、中高生が自由に過ごせる居場所「kurutoながまち」を仙台市太白区に開設した。法人が運営する居場所は泉区に続き2カ所目。これまで培ってきたノウハウを生かし、新たな…

残り 653文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより