自宅で手軽に宮城の芋煮!! みそと食材セットの予約受け付け

自宅で手軽に宮城の芋煮を楽しめる芋煮ミールキットのチラシ

 宮城県味噌醤油(みそしょうゆ)工業協同組合(仙台市)の青年部「若手味噌醤油仲間」は、新型コロナウイルス禍でも自宅で手軽に宮城の芋煮を楽しんでもらおうと、仙台みそと食材をセットにした「芋煮ミールキット」の販売予約を50セット限定で受け付けている。料理の様子や完成品の写真・動画を「インスタグラム」で募集するイベントも11日から開催する。

 1月18日に予約を開始したミールキットは、赤色が特徴で素材の良さを引き立てる仙台みそをはじめ、豚肉、里芋、カット野菜といった県産食材を5、6人分そろえた。レシピや食材紹介のお品書きが付き、価格は3500円。

 商品の受け渡しは11日正午から、仙台市地下鉄東西線国際センター駅青葉の風テラスで実施。新型コロナ対策で時間を3パートに分け混雑回避を図る。観光PR集団伊達武将隊も駆けつける。

 投稿の応募は3月14日まで。インスタグラムで組合青年部のアカウントをフォローすれば、キット購入者以外も参加できる。入賞者には県産食材や武将隊のグッズなどが贈られる。

 若手味噌醤油仲間の太田真会長(51)は「牛肉・しょうゆ味の山形芋煮に押されがちだが、宮城の芋煮文化を再認識してもらいたい」と話す。連絡先は同組合022(221)7371。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る